ストレスチェックの実施の目的について

img1-1

ストレスチェックは50名以上の従業員を抱える事業所が従業員に対して、少なくとも一年に一回は機会を提供しなくてはならないとされるものです。

このストレスチェックを通じて従業員一人一人が自分の状態について客観的に見つめることが出来るようにチャートと言う形で結果報告を行い、その結果として高いストレス状態があるということに気付いてもらうというのが目的となっています。

ストレスチェックに関する口コミ情報を募集しています。

これまでは職場のメンタルヘルスの問題について具体的な指針はあるものの、何かしらの義務的な動きと言うものはありませんでした。

長年年間30000人を超える高い自殺者数を記録してきた日本の社会が少しでも改善していくために生活の大半を占める職場の環境改善に乗り出したというのは非常に画期的なことなのです。

あなたに合った条件でgoo ニュース情報はこのサイトにおまかせ下さい。

メンタルヘルスの問題が職場でも考えなければならない問題であると示したインパクトは非常に大きなものです。



ストレスチェックでは健康診断と同じように会社の義務であるということが法的に定められました。
しかしながら結果の悪用を予防するために結果については本人が最初に確認をして、本人の同意がなければ会社側に提供することが出来ない仕組みになったのです。この仕組みによりストレスチェックに対しては会社の目を意識することなく素直な気持ちで問診票を記入することが出来るようになったと言えるでしょう。
全ては職場のメンタルヘルスをより良いものにしていくために出来ることをしていこうとする国の姿勢から始まっているものであると言えます。

納得の知識

img2-1

メンタルヘルスケアは、各事業場における大きな課題として取り組んでいるものですが、ここ数年、メンタル不調者の数は増加する一方であり、人事担当者の頭を悩ませています。各事業場において実施されているメンタルヘルスケアは、どちらかというと問題が具現化した際に講ずる対策について対応したものであり。...

more

医療のコツ

img3-1

近年働き方の多様化に加えて残業時間の増加や過重労働など勤労者を取り巻く環境は大きく変化しています。にもかかわらずこれまで従業員のメンタル面について法的に定められた仕組みはありませんでした。...

more

情報分析

img4-1

ストレスチェックでは職業性ストレス簡易調査票と呼ばれる既成の問診票を使用して行われるケースがほとんどとなっていますが、現実的には一定の条件を満たしたものであればこの調査票を使うことなく他の問診票を活用して実施しても問題ないということになっています。大半の事業所においてはこれまでの積み重ねがあり利便性に優れている職業性ストレス簡易調査票を用いるのが一般的となっていますが、意識の高い専門の業者の協力を得るなどして、より精密に調べて行こうとしているケースも少なくありません。...

more

医療の常識

img5-1

ストレスチェックを実施した労働者が感じることとして、この検査は正確な結果を出すことができるのかどうかという疑問があります。結論から言ってしまえばストレスチェックで利用されるのは問診票ですので、本人が書いたものがそのまま集計される形になります。...

more
top