自転車との交通事故で高額になる慰謝料

車同士の交通事故の場合は、双方の過失割合が事故の状況に応じて適用される事になります。

しかし、交通弱者となる自転車と車との事故の場合は、過失割合が車のほうが大きくなる事が大半で、請求される慰謝料の金額も加害者側の大きな負担となりがちです。


また、自転車との交通事故の場合は、身体的な被害が大きくなる事が多い為、加害者側も弁護士にサポートを依頼する事も必要になります。

あなたに合った交通事故の慰謝料を是非ご利用ください。

自転車が被害者となる場合に、車との事故の場合は身体的な損傷の具合が大きく後遺症が残るケースが多々見られます。その結果、自転車側に一定の過失割合が認められた場合でも、加害者側の金銭的な負担が大きくなってしまうのです。



そのため、加害者側も弁護士からの手助けが必要となる状態を招く事になります。

被害者側の過失割合に変化が現れることで、加害者側の損害賠償の負担は大きく異なることになり、慰謝料の面でも大幅な減額として反映されることが一般的です。

教えて!goo情報を検索しましょう。

自転車が被害者となるとき弁護士が介入してくる可能性は高く、これは被害者が交通事故のトラブルの専門家である保険会社と対等に対峙する事が困難になるためで、被害者が保険会社の提示する過失割合や慰謝料の金額に納得できない場合に、弁護士が介入してくる可能性が高くなるのです。

そのため、加害者側としても保険会社だけでは太刀打ちできない事もでてくるため、慰謝料の請求負担を軽くするためにも、弁護士に相談する事が必要てす。