口コミで人気のオフィスコーヒー

コーヒーマシンの説明と種類

コーヒーはオランダで生まれたコーヒー豆を使った飲み物で、全世界で最も多く飲まれている飲み物です。

そんなコーヒーですが、最近では家庭やオフィスで簡単に飲むためにコーヒーマシンを導入する方が増えています。コーヒーは豆や水の分量などによって抽出する味に大きく変動します。そのため、おいしいコーヒーを淹れるのは難しいといわれています。そこで、おいしいコーヒーを淹れるために開発されたのがコーヒーマシンです。これを使うことにより、自動的、すなわち定量的にコーヒーを淹れることができるようになるため、おいしいコーヒーが常に作ることができます。

コーヒーマシンにはいくつかの種類があります。一般的に使われているドロップ式をはじめとする、エスプレッソ式、サイフォン式、パーコレーター式などがあります。ドロップ式は、ろ過しながらコーヒーを抽出していく方式です。バスケットのコーヒー粉に熱した水を滴下し、浸透させ、自重によりコーヒー液を抽出するものと定義されています。

サイフォン式で淹れたコーヒーと比べると味は少し劣るが、非常に簡単なため、家庭用としてはもちろん、オフィス向けとしての需要がとても高いです。しかし、保温機能がついているため家電製品としては電力量が高いことが難点です。またバリエーションも非常に豊富です。一般的にフィルターは使い捨てだが、ナイロン製のものや金メッキを施した網のフィルターを使っている製品もあり、フィルターを交換しなくてもよいものもあり、ますます簡単にコーヒーを淹れることができるようになりました。
オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *