口コミで人気のオフィスコーヒー

コーヒーカップの厚みの違いとブランド

コーヒーカップは厚みがそれぞれ異なりますが、厚みの違いは飲みやすさや保温に影響を与えます。

好みもありますが、一般的には厚みが薄いほうが飲みやすく、重量も軽いので持ちやすいというメリットがあります。しかし、保温性が低いためにはコーヒーが冷めやすいというデメリットがあります。それに対して厚みが厚いタイプは、保温性が高いのでコーヒーが冷めにくいというメリットがありますが、その反面重いというデメリットがあります。素材による厚みの違いは、一般的にはガラス製のコーヒーカップなどは比較的薄いタイプが多く、陶器は逆に厚めが多くなります。

コーヒーカップの価格は100均でも売っていますし、30万円もするマイセンのような高級ブランドもあります。国内外の代表的なブランドを挙げると、WEDGWOOD、NURUMI、ロイヤルコペンハーゲン、ノリタケなど様々なブランドがあり、5千円前後から3万円前後が売れ筋の価格帯です。高級ブランドのコーヒーカップはデザインが素晴らしいだけでなく、耐久性も高く、落としても簡単に割れません。お皿とセットで揃えると、食器棚に並べているだけでも絵になります。百貨店などに行けば、有名ブランドのコーヒーカップが販売されていますが、少しでも安く購入したければ、アウトレットショップなどもおすすめです。手に持って確かめることができませんが、通販サイトを利用するのも安く購入するためには良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *