口コミで人気のオフィスコーヒー

レギュラーコーヒーの銘柄による特徴

コーヒーの産地は赤道を挟んだ南北緯25度内の熱帯から亜熱帯に位置する国々で、アジアではベトナムやインドネシア、アフリカではエチオピアやケニア、南米や中米ではコロンビアやジャマイカ、ブラジルなどが挙げられる他、ハワイもコーヒーの産地となっています。レギュラーコーヒーには様々な産地がありますが、なかでもジャマイカ産ブルーマウンテンは芳醇な香りが特徴である事に加え渋みと甘みのバランスが良く、酸味が弱いため代表的な銘柄となっています。これら以外のレギュラーコーヒーの銘柄にはキリマンジャロやマンデリン、コロンビアが代表的で、キリマンジャロは酸味と甘い香りに加え上品な風味、マンデリンは柔らかな苦みとコク、コロンビアは甘い香りと丸みのあるマイルドな味わいがそれぞれ特徴です。これら以外にもブラジル産のサントスNo.2は適度な苦みと酸味があり香ばしく調和のとれた味わいであり、ハワイ産のコナコーヒーには個性的な酸味とコクがあり、芳醇でシャープな香りが特徴となっています。

更にスイーツのタイプによってそれに合うレギュラーコーヒーも異なり、例えばシンプルなスポンジ系のケーキやクッキーには酸味のある焙煎が浅めのものが合うため、キリマンジャロのミディアムローストが向いています。またショートケーキなど生クリームを使った甘めのスイーツにはコクのあるコーヒーが合うため、サントスNo.2のシティローストが向いています。この他にもモンブランのような濃厚なスイーツには苦みとコクがしっかりしたマンデリンのフレンチローストが良く合います。オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *