口コミで人気のオフィスコーヒー

レギュラーコーヒーを美味しく淹れる方法

レギュラーコーヒーは、現在、優れた機能を持つ製品も多いことから、コーヒーメーカーやエスプレッソマシーンが広く利用されています。しかし、人の手で淹れたコーヒーは捨てがたい面があり、実際、全国にある名店と呼ばれるコーヒー店の多くはそれぞれ方法は異なるものの人の手によってレギュラーコーヒーが淹れられています。レギュラーコーヒーの淹れ方としては、大きく、ペーパーやネルを使用したハンドドリップ、サイフォンによる方法、プレスを使った方法の3つがあります。まず、ハンドドリップによる方法は家庭でもポピュラーな淹れ方であり、雑味が少なく、豆の個性を引き出すことができる魅力があります。

美味しく淹れるポイントとしては、最初は中心部に500円玉1枚分程度にお湯を注ぎ、粉に湯が染み込んで、膨らみがしぼむまで少し様子をみることがあり、しぼんだら1回目よりも少し大きくお湯を注ぎ、ここでの工程を1分程度繰り返すことがあります。その後は好みでお湯を入れ、太く入れると薄く、細く入れると濃いコーヒーになります。サイフォンによる方法では、沸騰して上昇した場合に豆がお湯に完全にひたるように2~3回程度ヘラで攪拌し、その後約40秒ほど待つようにします。サイフォンでは1回目の攪拌後のロート内の様子が重要になり、ここでは、上から、泡、豆粒が浮いた液体、パウダー豆と混ざった黒い液体の比率が、1対1対5になることがポイントになります。

プレスは、最も簡単な淹れ方になります。ここでのポイントは時間厳守があり、まず、プレス器具に中挽きの豆を入れ沸騰したお湯を注ぎ、プレス器具の上まできた場合にはフタをして待つようにします。粉とお湯が接触をしてから4分たったら静かにつまみを押し下げ、抽出が完了します。大事な点は、4分間待つことがあり、専門店ではタイマーがセットされ提供されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *