口コミで人気のオフィスコーヒー

レギュラーコーヒー抽出の失敗例とは

レギュラーコーヒーを入れる場合には使用する器具の違いはあるものの3分から5分で村士から抽出までを終えるようにする事が基本です。それより時間が短いと成分が抽出しきれず、時間が長すぎれば渋みや雑味まで一緒に抽出されてしまいます。これに加えてレギュラーコーヒー抽出の失敗例としては酸味が強すぎるという事がまず挙げられます。この原因としては焙煎ムラや焙煎が浅すぎた事、豆の挽き方が不均一であった事やお湯の温度が低かったといったことの他、抽出してから長時間保存している場合でも酸味が出やすくなります。

一方で焙煎がきつい、深入り豆の配合が多かった、抽出時間が長過ぎた、お湯の温度が高すぎたといったことや長時間保温したままの場合には苦みが出やすくなります。また抽出したレギュラーコーヒーにコクが足りない場合には豆の挽き方が不均一あるいは粗すぎたことや粉の使用量が少なかった、お湯の量が多すぎたといった事やフィルターの目が粗かったといったことが原因として挙げられます。一方で香りが足りないという場合には焙煎や豆の挽き方が不均一であった事や使用した水の鮮度、お湯の温度の低さや抽出時間のムラなどが原因として挙げられます。これらの失敗例以外にも抽出したコーヒーが濁ってしまったという場合には、焙煎の不均一さや豆の挽き方が抽出器具にあっていなかった事、フィルターが目詰まりしているか清潔でなかった事など、あるいは長時間保存していたといった事が原因として考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *