口コミで人気のオフィスコーヒー

エスプレッソコーヒーの特徴と飲み方について

エスプレッソコーヒーは、「エスプレッソ豆」と呼ばれる深煎り豆を使って淹れるコーヒーです。コーヒーを抽出する方法は、「ドリップ式」と「エスプレッソ式」という2種類に分けられますが、エスプレッソコーヒーは専用マシンを使い、蒸気を使って高圧をかけて短時間で抽出されるという特徴があります。日本でも、エスプレッソコーヒーがベースになっているコーヒー飲料が多くなっています。エスプレッソ系のコーヒーで代表的なものは、エスプレッソにミルクを加える「カフェラテ」や、エスプレッソに泡立てたミルクを加える「カプチーノ」、エスプレッソにミルクとチョコレートシロップをプラスした「カフェモカ」などがあります。

エスプレッソと聞くと、濃縮された見た目のイメージから「ブラックコーヒーよりカフェインは強いといった印象を受けるかもしれませんが、実際は通常のドリップコーヒーと比べるとカフェインは少ないです。その理由は、エスプレッソ豆を焙煎する際に揮発することに加え、抽出時間が短いことによって、カフェインの量が少なくなるからです。さらに、エスプレッソは「濃い」「苦い」といったイメージを持つ方もいらっしゃいますが、こうした意見の多くはエスプレッソコーヒーに砂糖を入れないことが原因になっています。実は、エスプレッソコーヒーを砂糖を加えずに飲むのは、世界中を探しても日本以外はあまり見られません。

しっかり砂糖を加えることで、エスプレッソ本来の甘みや苦み、そして香りのハーモニーを楽しむことができます。最近では、 本格派エスプレッソを自宅でも楽しめるコーヒーメーカーが登場しています。これまでは敬遠していたという方も、自宅で、しかも時間をかけずに香り豊かなエスプレッソが味わえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *