オーダーシャツは、学校行事などのイベントの際にスポンサーから提供された枠から購入するのが一般的でしたが、現在ではもっと簡単に誰でもオーダーシャツを作ることが可能です。スマートフォンの普及で、様々なファッションメーカーや若手ブランドが、自分でデザインした文字の刻印、生地や形状を選択してアレンジできるアプリケーションを開発する企業が増えたため、アプリケーションをインストールするだけで完全に自分オリジナルのオーダーシャツを制作することができます。具体的に、数種類の中あから用意された生地を選び、刻印したい箇所に数種類のフォントから好きな字体でメッセージを送信し、サイズを選ぶとメーカーはすぐに制作に取り掛かるという一連の流れから、発案から手元に届くまでの時間も短いため、顧客の満足度も非常に好評です。主に、高級ブランドには手は出せないが、自作のシャツを制作したいという若い年齢層をターゲットにした企画から多くの若手企業がオーダーシャツを誰でも手軽に注文できるというスタンスを作り上げたところが原点です。

このように、多くの若手ブランドがスマートフォンでオーダーできるように対応したことで、一流ファッションブランドは、メーカーの公式サイトで専門のオーダーシャツの注文を可能にするなどのサービスを展開し、ブティックへ自ら足を運ばなくても高級ブランドのシャツや、その他のアクセサリーを購入することが容易になっています。