現在一次産業では、生産から加工を経て販売までをすべて取り仕切るというビジネスモデルが存在しています。オーダーシャツも同様に、生産と加工と販売すべてを手掛けていくというビジネスを考えることができます。最初に利用者が希望するシャツを把握していき、そこから得た情報から材料を仕入れたりして加工に取りかかっていきます。加工に関しては、工場を建設してそこで製造を担当していくというスタイルを導入していきます。

そして、完成したら店まで運んで利用者にチェックをしてもらって納得したら販売をするという流れにしていきます。オーダーシャツの製造と加工と販売をすべて担当することで、次のような長所が生じることになります。利用者の情報を得ることができるため、様々なことを把握していくことができるようになるということです。例としては、使用される生地の種類や利用者が使うお金の金額の平均などです。

その他にも、オーダーシャツをチェックしてもらうときに作り直しの希望があれば対応することができるということです。つまり、製造と加工と販売以外にもサービスを生み出すことが可能になるということです。製造から販売までのプロセスを担当することにより、サービスの提供もすることができるようになっていきます。なぜならば、すべての業務を担当しているため対応しやすい環境が整っているからです。

そのため、製造から販売までを全部こなしていくという形は選択肢として検討することができる案です。