オーダージャケットは、店舗でサイズなどを決めたりして注文して販売されるというスタイルが存在します。その他にも、オーダージャケットには物流が関与しているというケースがあります。オーダージャケットの生産と販売を手掛ける会社においては、海外から材料を取り寄せるという場合があります。その際に、外国から材料を仕入れる際に国内まで運ぶために物流が介入することになります。

また、国内で材料を調達するときにおいても仕入れ先から運んできてもらう際には物流の存在が浮上します。また、工場を保有していてジャケットを製造した後に販売店まで物流を介して輸送されていきます。その他として、インターネットで販売をしていたときに注文者のところまで届けるときに物流が関係します。以上のように、生産と販売を業務とする会社は物流と関係性があると指摘することが可能です。

なお、物流業者は注文の品を輸送することによって収益を上げていくというスタイルとなっています。また、物流業者はこの会社の国内における必要な物流をすべて請け負う代わりに代金を安くするという手法があります。これによって、顧客を確保するというメリットが生じるという結果に直結すると指摘することが可能です。他方で会社は、料金が安くなることで輸送費用における支払いを減らすことができるようになります。

オーダージャケットと物流は、時として関係性が生じることもあると言及することができるのです。