防寒着の主な役割は、作業服の上から着ることで寒さから体を保護する役割を担い、寒さによる体調不良や風邪などを防止することにあります。冬期シーズンで屋外などの低温の場所で作業を行う上では、必ず着る必要があり、体を冷やさないためにも必要となります。防寒着選択のポイントは、作業服の上から着るタイプが多くなりますが、作業を行う上で汗を掻くか否かによって選択することがポイントです。その理由としては、汗を掻いて時間が経過するとそれが気化熱となって体の熱を奪い、それによって体を冷えさせてしまう可能性があるからとなります。

つまり汗を掻いた場合は、出来る限り発散させることが好まれ、透湿性に優れたものを着ることが肝要です。なお防寒着の下には作業服が存在するため、その組み合わせを行うことがポイントとなります。多くの作業服は水分の吸収性に優れた素材を着ることも多くなるため、汗を掻く場合は透湿性に優れた防寒着を選択すべきです。一方、汗を掻かないケースでは、保湿・保温に優れ、防風性があるのが好まれ、その理由は汗をかかないため、水分を発散させる必要性がないからとなります。

ただ建設現場などで着るシーンは、体を動かすことが一般的で汗を掻きやすい状態になることも多いです。そのため汗を掻いても吸湿速乾性の作業服を着れば、防寒着で透湿性に優れた素材のものを選べば、最適な組み合わせになります。もっとも暑い時は脱ぎ、寒くなったら着るといった様に、こまめに脱いだり着たりを繰り返すことが優れた方法です。