作業服は作業をする際に無くてはならない物ですが、冬場に作業を行う場合には更に防寒着が必要になります。作業服の上から重ね着しても良いですが、どうせなら防寒着として利用できる作業服を利用する方が多くの枚数を着る必要がなくなるので、動きやすくなります。防寒着を兼ねた作業服を利用することで作業効率もアップ可能です。寒い中でも身軽に動くことが出来る服装はモチベーションを維持するにも効率的ですし、寒さを感じることもありませんので、集中して作業に取り組むことが出来ます。

風を通さないナイロンタイプだと防寒対策としてはかなり優れている物だといえます。作業服の防寒着を別々に着る事も可能ですが、作業中に防寒着が汚れてしまう可能性も高いので、あまりお薦めはできません。一体型の物なら一緒に洗う事も出来ますが、別々のものであれば、汚れが落ちにくい可能性が高くなります。汚れを気にしてしまうと作業効率も落ちてしまうので、出来るだけ一体型のタイプを着るほうが良いでしょう。

また汚れてもすぐに汚れを落とすことが出来る素材のものがお薦めです。毛糸や布で出来ているタイプは暖かさを感じる事が出来ますが、汚れが染み込んでしまうので、なかなか落ちません。ポリエステルやナイロン素材であれば、表面に汚れが付くだけで染み込んでしまう事がありませんので、お薦めです。色も黒色やグレーを着ることで汚れがついても目立ちませんので、色選びも大切です。