ストレスチェックの実施方法の色々

subpage-img

ストレスチェックでは職業性ストレス簡易調査票と呼ばれる既成の問診票を使用して行われるケースがほとんどとなっていますが、現実的には一定の条件を満たしたものであればこの調査票を使うことなく他の問診票を活用して実施しても問題ないということになっています。大半の事業所においてはこれまでの積み重ねがあり利便性に優れている職業性ストレス簡易調査票を用いるのが一般的となっていますが、意識の高い専門の業者の協力を得るなどして、より精密に調べて行こうとしているケースも少なくありません。

ストレスチェックの詳細についてはこちらです。

ストレスチェックについてはこのように様々な方法での実施が許されている部分があるのです。

産経ニュースの情報を調べてみましょう。

実際のところストレスチェックの実施には大きなコストがかかります。

出来るだけシンプルに実施して低コストで収めたいと考える事業所の数も少なくありません。



その様な事業所の中には通常57項目で構成されている職業性ストレス簡易調査票の中から必要な23項目だけを厳選したさらに省略した問診票を活用することもあります。この方法は厚生労働省が作成したマニュアルにも紹介されている内容であり、実際に適用している事業所もあります。短時間で済ませるとを重視する場合にはこのような方法を選択することもできる仕組みになっています。しかし丁寧にストレスチェックを行い、その結果を活用していこうと考えているのであれば充実した内容のストレスチェックを行い、丁寧な結果の利用を考えるべきであると言えるでしょう。

top