ストレスチェックは正確な検査であるか

subpage-img

ストレスチェックを実施した労働者が感じることとして、この検査は正確な結果を出すことができるのかどうかという疑問があります。


結論から言ってしまえばストレスチェックで利用されるのは問診票ですので、本人が書いたものがそのまま集計される形になります。

つまり客観性に欠ける側面があると言う事は否めません。

これは質問紙法と呼ばれるすべての手法に共通するものであり、健康診断における血液検査のように自分自身でコントロールすることができない種類の検査とは本質的に異なるのです。

ストレスチェック情報について詳しく解説しております。

しかしながらそのようなストレスチェックの結果は客観性に乏しいからといって無益であるかといえばそうではありません。

Yahoo!知恵袋は評判がとっても良くて有名です。

結果はチャートと言う形で集計されて本人にフィードバックされるので、自分でも気づいていなかった側面について意識を向けることができると言う期待があります。


また同じ検査であっても実施する時期が違えば異なる結果になると言う性質もあります。
経年変化をことによって自分の変化を客観的に見ることができるというのも1つのメリットとなり得る要素であると言えるでしょう。
ストレスチェックは単発では自らの気づきを促すためのツールとしての機能を持つものであるといえますが、同じ質問紙を時期を変えて実施することにより様々な角度から分析をすることが可能になるツールとして役立つ可能性があります。

企業の中にはそのような取り組みとして活動始めているケースも少なからず存在しています。



top