効果的なストレスチェック

subpage-img

近年働き方の多様化に加えて残業時間の増加や過重労働など勤労者を取り巻く環境は大きく変化しています。

ストレスチェック情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

にもかかわらずこれまで従業員のメンタル面について法的に定められた仕組みはありませんでした。

Yahoo!ニュースの正しい情報はこちらです。

そこで働く人々の心の健康を守るために労働安全衛生法に基づき平成27年12月よりストレスチェック制度の導入が企業に義務付けられました。対象となる企業は従業員数50人以上で毎年1回実施されなければなりません。
従業員はストレスチェックを受けることで現在の心身状態を客観的に知ることができ、うつ病などの精神疾患に罹患してしまうのを早期に発見することができるといったメリットがあります。

さらには個人や企業全体で働き方に対する姿勢や取り組みを見直す良いきっかけにもなります。

ストレスチェックの結果はプライバシーの観点から本人のみに通知され企業は知る権利はありませんが、高ストレス状態と診断された場合は本人の希望があれば企業に医師の診察を受けたい旨の申し出を行うことができます。



また企業にとっても従業員の心の健康が守られることは安定した利益を生むことにもつながるといったメリットがあります。

さらには医療費や疾病手当金の支給を削減することができます。


このようにストレスチェック制度がしっかりと定期的に行われることで従業員同士のコミュニケーションやモチベーションアップにもつながり企業にとっても生産性が向上するなど企業価値の向上にもつながります。

top